君野可代子の絵

illustrator kimino kayoko

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

装画

私の場合、絵を描くことがぼちぼちですがお仕事に繋がるようになったのは、ギャラリーハウスMAYA「装画を描くコンペティション」が基です。
何年間もこちらのコンペに応募しては残念な結果を繰り返していましたが、そのうちに本の「装画」という仕事を意識するようにもなりましたし、搬出のときに帰ってきた作品にはいつも温かいコメントが添えられていて反省したり励ましていただいたり‥、おかげさまで頑張って続けて来れました。
'08年に賞をいただいたときから、徐々に自分の絵を多くの方々に観ていただける機会が増えましたし、イラストレーターとして仕事をしようという目標も明確になったように思います。
感謝してもしきれないくらい。

なのに、またありがたいことにリニューアルされたMAYAのホームページで私の紹介ページを設けてくださいました。。よかったらこちらもご覧くださいませ。私のページはこちらです。
よろしくお願いいたします。

雪国
上の絵はMJイラストレーションズでの先日の課題「本の装画」で描きました、川端康成著「雪国」です。
スポンサーサイト

« ピエタの紙|Top|ピエタ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimino765.blog92.fc2.com/tb.php/62-82f05236

Top

HOME

きみの

Author:きみの
1967年 神奈川県生まれ
1990年 セツモードセミナー卒業
2012年 MJイラストレーションズ(7期)卒業
神奈川県在住

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。