君野可代子の絵

illustrator kimino kayoko

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピエタ

本の装画のお仕事をいたしました。
ピエタ
ピエタ
著者 大島真寿美さん
装丁 池田進吾さん
ポプラ社

18世紀のヴェネツィア、孤児たちを養育するピエタ慈善院でアントニオ・ヴィヴァルディが音楽の指導をしていた〈合奏・合唱の娘たち〉にまつわる史実を基にしたお話です。

はじめて拝読したとき、読みはじめからグッと引き寄せられてお話の世界に入り込んでしまいました。読み進めればその先が気になって止まらなくなります。
すばらしくて、私が装画を描いていいのだろうかと責任の重さに怖くなったりもしました。

池田進吾さんの装丁デザインもすばらしいです。
カバーをはずした本体の紙の色や質感も清楚で重厚な感じがします。扉に使われている紙には透かし模様があり、一冊一冊に模様の入り方が違うので、是非本屋さんでお手にとってご覧いただけたらありがたいです。
スポンサーサイト

« 装画|Top|コジツケ »

コメント

こんばんは☆
今日、偶然本屋さんでぴぴっ♡・・と胸に矢が刺さり手にしてみたら、「あー♡君野さんだーーー!」ととっても幸せになりました*
やっぱり素敵です。君野さんの絵*
そして、池田さんも、やっぱり素敵だなあと思いました*
ふいの幸せを、またまたありがとうございましたー♡
(兎の絵もとってもかわいいデス*)

Re: タイトルなし

こんにちは!
コメントありがとうございます。

「ピエタ」を手にとってご覧いただけたとのこと、うれしいです。
池田さんのデザイン素晴らしいですよね。
それにしても本屋さんで偶然気づいてくださるなんて、たじまさんスゴいな。
ありがとうございます。

たじまさんのパワフルなご活躍、これからも楽しみにしております。マッチもステキでした。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimino765.blog92.fc2.com/tb.php/61-bb4d7307

Top

HOME

きみの

Author:きみの
1967年 神奈川県生まれ
1990年 セツモードセミナー卒業
2012年 MJイラストレーションズ(7期)卒業
神奈川県在住

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。