君野可代子の絵

illustrator kimino kayoko

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銭湯

だいぶ冬らしくなってまいりました。
熱いお風呂が恋しいこのごろ、温泉巡りの旅もしたいけどなかなか叶わぬ夢なので、そんなときは近くの銭湯に行きます。
銭湯
銭湯の湯船はたいてい熱いですけど、この熱さがたまらないのです。
じんじんとちょっとイタいくらいの熱いお湯にそおっと入ったら、できるだけ動かないようにジッと浸かります。動くと熱いですから。それから、手は湯船から出しておくとノボセないそうな。
実母散などの薬湯があれば普通のお湯と交互に入ったりしてね。まったくもって極楽なのです。
よーく温まって帰る冬の夜道はどこかに寄り道したくなるほど気分が浮かれます。


銭湯に行くこともままならないときは、温まる音楽と映像を。
くるりの「温泉」。疲れも吹き飛びます。
上の絵を描くときも参考にさせていただきました。
スポンサーサイト

« ソファ|Top|ワリーネデートリッヒ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimino765.blog92.fc2.com/tb.php/55-3b1b388f

Top

HOME

きみの

Author:きみの
1967年 神奈川県生まれ
1990年 セツモードセミナー卒業
2012年 MJイラストレーションズ(7期)卒業
神奈川県在住

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。