君野可代子の絵

illustrator kimino kayoko

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単行本『ナイフの行方』

気象庁のホームページを観てみたら、関東はすでに梅雨入りしてたのですね。知らなかった。。大雨のところもあるようですね、どうかお気をつけ下さいませ。

さて、このたび山田太一さんのドラマのシナリオ本『ナイフの行方』の装画を描かせていただきました。
ナイフの行方
山田太一さん著、単行本「ナイフの行方」KADOKAWAより6/19発売予定。
装丁はtobufune小口翔平さん+喜來詩織さんです。
現在Amazonで予約受付中。

ドラマ『ナイフの行方』は昨年12月にNHK総合で特別ドラマとして前編後編と二日に分けて放送されました。(有料ですが、2015年11月までNHKオンデマンドでご覧いただけるようです)
テレビっ子の私、日頃お笑いとか情報番組を観ることが多く、ドラマを観ることはあまり多くはないのですが‥ただ、山田太一さん脚本のドラマは放送を知っていれば録画してでも拝見するほど、以前から大好きでした。
そんなわけで、この『ナイフの行方』も私はオンタイムで拝見しつつ録画もしてたのでもう一回観たりして。とても衝撃を受けていつまでも思い出しては考えたりしていた、私にとってとても印象深い作品でした。(このときは、装画を描かせていただくことになるなんて全く想像もしてませんでしたけど)

シナリオを拝読して、映像だけでは知ることができないト書きの表現の素敵なことや、山田さんのドラマのファンだと言って知ってるような気になっていた自分が恥ずかしいくらい、新たな発見がいくつかあって、この機会にまた知ったかぶりをしてしまいそうです(嘘です、もうしませんです)。

まだ出来上がった本を拝見していないのですが、シナリオと一緒にロング解説も楽しめるとのことです。
是非、是非。


スポンサーサイト

« 『ナイフの行方』発売されました|Top|今年のアマリリス »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimino765.blog92.fc2.com/tb.php/156-f81f7f6e

Top

HOME

きみの

Author:きみの
1967年 神奈川県生まれ
1990年 セツモードセミナー卒業
2012年 MJイラストレーションズ(7期)卒業
神奈川県在住

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。