君野可代子の絵

illustrator kimino kayoko

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単行本『悲嘆の門』

昨年の春まで毎日新聞社発行のサンデー毎日にて挿絵を描かせていただいていた宮部みゆきさんの連載小説『悲嘆の門』、いよいよ単行本として1月15日発売されます。
ありがたいことに、単行本でもカバーや章扉などで絵を描かせていただきました。
約2年間に亘った連載小説、単行本は上下巻です。
装幀は連載のときにもデザインしてくださっていた岡孝治さん
hitannomon.jpg
登場人物やモチーフなどを私が個々別々に描いたものを岡さんがレイアウトしてくださるということで、だいぶ自由に、でもどんな風にレイアウトしてくださるのか自分なりに想像しつつ描いた絵。出来上がりはまったく私の想像を超えに超えまくってました、本当に凄いなあと感動しまくりです。(言葉が貧弱でスミマセン)
ありがとうございます。

そして、ポスターなどもあって、でっかいんですね。。こちらでも絵を載せてくださってまして恐縮しきり‥、まだ気持ちが追いつかず頭がくらくらして汗が出たりしてます。
ポスター、カッコイイです。
(写真はでっかいのと中くらいと小さいのの3枚をウチのダイニングテーブルに広げて撮りました)
hitannonon-p.jpg

もうすでにアマゾンで予約受付中です!
悲嘆の門(上)悲嘆の門(上)
(2015/01/15)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

悲嘆の門(下)悲嘆の門(下)
(2015/01/15)
宮部 みゆき

商品詳細を見る
スポンサーサイト

« 鉛筆の名前|Top|2015 謹賀新年 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimino765.blog92.fc2.com/tb.php/145-9393622b

Top

HOME

きみの

Author:きみの
1967年 神奈川県生まれ
1990年 セツモードセミナー卒業
2012年 MJイラストレーションズ(7期)卒業
神奈川県在住

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。