君野可代子の絵

illustrator kimino kayoko

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単行本「ある日の結婚」

単行本の装画を描かせていただきました。

ある日の結婚ある日の結婚
(2014/04/25)
淺川 継太

商品詳細を見る

淺川 継太さん著『ある日の結婚』講談社より刊行。
装丁は池田進吾さんです。

「ある日の結婚」「水を預かる」「朝が止まる」の3つの作品を集めた短編集で、装画は「ある日の結婚」のイメージです。扉にもモノトーンでブーケを描いています。
aruhinokekkon.jpg
帯に“「究極の恋愛」を描く、衝撃のホラー・ファンタジー”と書かれていますようにとても衝撃的、ですがじんわりあぁいいなあ‥と羨ましく感じてため息をつきました。
小さい頃何度も観た映画「小さな恋のメロディー」は当時とてもドキドキして眠れなくなったりしましたけど、あの頃のようなドキドキ眠れなくなる感覚に襲われた気がします。
素敵でした。
aruhinokekkon2.jpg
たくさんの大事な物を教えていただいたようなお仕事でした。
本当に、心より感謝申し上げます。
スポンサーサイト

« 文庫「薔薇を拒む」|Top|松屋銀座の母の日 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimino765.blog92.fc2.com/tb.php/130-d0b9ad3e

Top

HOME

きみの

Author:きみの
1967年 神奈川県生まれ
1990年 セツモードセミナー卒業
2012年 MJイラストレーションズ(7期)卒業
神奈川県在住

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。