君野可代子の絵

illustrator kimino kayoko

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文庫 スウ姉さん

もうすっかり春ですね。自宅の窓から桜の木がたくさん見えるのですが、桜色の景色が夢みたいです。そんななか装画を描かせていただいた文庫本が刊行されました。

スウ姉さん (河出文庫 ホ 1-1)スウ姉さん (河出文庫 ホ 1-1)
(2014/04/08)
エレナ・ポーター

商品詳細を見る
『スウ姉さん』 エレナ・ポーター 著 村岡花子 訳 河出文庫
デザインは野中深雪さんです。

「ポリアンナ」シリーズでおなじみのアメリカの作家エレナ・ポーターの絶筆作品、この春からNHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』が放送されていますが、ヒロイン村岡花子さんの訳です。
主人公のスウ姉さんはピアニストを目指しているのですが母親を亡くしてから家族の世話に追われます。
ややもすると暗くなってしまいそうなテーマかもしれませんが、会話のやり取りなど小気味よくて楽しみながら拝読しました。というのも村岡花子さんの訳する会話の文章がお茶目で痛快で、なんだかたまらなく可愛らしかったのです。(思わず私も「こんにゃろ〜」なんて小声でつぶやきながら読みました)
当時の女性達の生き生きとした会話を閉じ込めておいて、今、ページとともに開いたような新鮮な印象でした。

sister-sue.jpg読み終えたとき、なぜか矢野顕子さんの「ひとつだけ」が聴きたくなって、女性の幸せってなんだろなあと考えたりして。
是非、男性の方にも読んでいただきたいです。
スポンサーサイト

« 松屋銀座の母の日|Top|文庫 ピエタ »

コメント

君野さん、お久しぶりです。
今、久しぶりに君野さんのブログ見たら、!、お仕事おめでとうございます!
素敵な装画ですねー。女性の顔立ちがとても魅力的です。
週刊誌、宮部みゆきさんの挿絵ももう長いですね。体調管理大変だと思いますけど頑張って下さい。いつも応援していますよー。

Re: タイトルなし

加藤さん!
コメントうれしいです。ありがとうございます。
「スウ姉さん」、村岡花子さんの訳があまりにも可愛らしかったのでNHKの「花子とアン」を観てみたところ見事にはまってしまいました。花子さんにこんなふうに関わることができて有り難いことだなと歓びを噛みしめてます。
週刊誌の連載、加藤さんは無事ゴールなさったのですね、お疲れさまでした〜。
私も気合いを入れ直してもう一踏ん張りいたします!感謝です。

ごぶさたしております、いしざきです。
今朝、新聞にこの本が載っており、もしかして君野さんの絵かな??と思ってブログを覗いてみたら、やはりそうだったので、うれしくなってコメントさせてもらうことにしました〜おめでとうございます!
本屋さんでも探してみます。

Re: タイトルなし

いしざきさん♬
お久しぶりです。コメントくださってうれしいです、ありがとうございます。
今朝の新聞に載っていたんですね、これまたうれしい情報感謝します!
またどこかでひょっこりお逢いできますように。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimino765.blog92.fc2.com/tb.php/128-80785e8b

Top

HOME

きみの

Author:きみの
1967年 神奈川県生まれ
1990年 セツモードセミナー卒業
2012年 MJイラストレーションズ(7期)卒業
神奈川県在住

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。