君野可代子の絵

illustrator kimino kayoko

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誇りです

先月13日にやなせたかしさんがお亡くなりになりました。
ご挨拶が遅くなってしまいましたが、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

小学生のころ学級文庫にあった「やさしいライオン」、好きでこの絵本を何度も手に取って開いていた記憶があります。
同じ頃、誕生日にお友達からもらった湯飲み茶碗はやなせさんの絵と詩が描かれたものでした。その湯飲み茶碗はもう手元にないのですが、描かれていた詩はいまでも覚えています。心と心がふれあって‥で始まる詩で調べてみたら「人間なんてさびしいね」という詩集に入っているようです。
きっと日本で育った人はみなさん何かしらでやなせさんの作品に触れて、心の深い部分にやなせさんの言葉や絵が根付いているのではないかと思いますけど、私もそのひとりです。

そんな私がイラストレーターとして初めて仕事をさせていただいたのが、やなせさんが責任編集をなさっている「詩とファンタジー」でした。
当時は初仕事のプレッシャーでつぶれそうになったりしましたけど、有り難いご縁だったなあと思います。
やなせさんとお会いすることはとうとう叶いませんでしたけど、やなせさんの下で初めての仕事ができたことを誇りにこれからも頑張りたいと思います。
感謝いたします。
スポンサーサイト

« MJ展 ありがとうございました|Top|MJ展 vol.6 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimino765.blog92.fc2.com/tb.php/120-be48d118

Top

HOME

きみの

Author:きみの
1967年 神奈川県生まれ
1990年 セツモードセミナー卒業
2012年 MJイラストレーションズ(7期)卒業
神奈川県在住

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。