君野可代子の絵

illustrator kimino kayoko

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星屑のメッセージ展

部屋ではずっと裸足だったのですけど昨日から靴下を履きはじめました。
金木犀の香りにうっとりする日々。
お知らせが遅くなってしまいましたが、やなせたかし先生の三回忌をこの10月に迎えられるということで、高知県香美市のやなせたかし記念館詩とメルヘン絵本館で開催されている企画展に参加させていただいております。
やなせたかし回顧展「星屑のメッセージ展 〜Dear やなせたかし編集長〜」
hoshikuzu.jpg
昨年の一周忌の会にお招きいただいたときに、皆さんそれぞれミニ色紙にやなせ先生へメッセージをかいて持ち寄ったのですが、そのときのミニ色紙を展示してくださっています。

私なんかは「詩とファンタジー」からお世話になって、それまでは小学生時代にサンリオショップに入り浸って「詩とメルヘン」を立ち読み(スミマセン)していた読者でしかなかったので、こちらに参加させていただけるなんてちょっとおこがましいのですが、ありがたく‥忍び込ませていただいております。

展覧会開催期間は11月9日(月)までだそうです。詳しくはこちらをご覧くださいませ。
お近くへお越しの際は、よろしくお願いいたします。

私のミニ色紙。
anpan.jpg
私はイラストレーターとしての初めてのお仕事が「詩とファンタジー」でしたので、こんな私もアンパンマンからしっかりアンパンをいただきましたというお礼の気持ちで、絵は大きなアンパンを頬張る赤ん坊です。


スポンサーサイト

単行本『Aではない君と』

単行本の装画を描かせていただきました。
薬丸岳さん著『Aではない君と講談社より刊行。
A-cover1.jpg
装幀は宮部みゆきさんの「悲嘆の門」でもお世話になりました岡孝治さんです。
A-cover2.jpg
カバーの紙の感じ、文字の少しにじんだようなところやツヤがある印刷(ぽってり盛り上がっているんです)の感じ、すごくカッコ良く仕上げてくださって、感動です。
A-tovira.jpg
扉にも絵を使っていただきました。

拝読後、現実の事件に関わってしまったような、心に少し傷を負ってしまったような思いがして、小説って凄いなあと思いました。
十四歳の男の子というのは子供のようで子供ではないようで‥、いちばんたくさんの表情を持っている時期なのではないかなと考えつつ描きました。
是非、手に取ってご覧いくださいませ。


冷蔵庫を開けたらサンマが2匹あって、夕ごはんに食べよう!
・・・と喜ぶ夢を、今朝見ました。
一応確認しましたが、現実のウチの冷蔵庫にはサンマは一匹も入ってなかったです。
夢占いによるとサンマの夢は良い変化を暗示しているのだそうな。
良い変化、占いが当たったらいいな。




連載小説『たゆたえども沈まず』第六回

パピルス幻冬舎より刊行の隔月誌です)にて連載中の小説、原田マハさん著「たゆたえども沈まず」で挿絵を描かせていただいております。
その第六回が掲載された10月号が発売されました。
たゆたえども沈まず6
登場人物それぞれの性格やとりまく環境がこれからのストーリーにどんなふうに影響してくるのか‥、勝手に妄想して泣きそうになったりしてます。



Top

HOME

きみの

Author:きみの
1967年 神奈川県生まれ
1990年 セツモードセミナー卒業
2012年 MJイラストレーションズ(7期)卒業
神奈川県在住

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。