君野可代子の絵

illustrator kimino kayoko

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「悲嘆の門」テレビで紹介されます

宮部みゆきさんの単行本『悲嘆の門』巻(毎日新聞社)の装画を描かせていただいて、今月の15日に発売されましたことは先日お知らせいたしました。
ご好評いただいているそうです。感謝申し上げます。

今度はテレビで『悲嘆の門』の本が紹介されるとのこと、お知らせいたします。
明日1月24日(土)、TBSテレビ『王様のブランチ』、am9:30からのBOOKコーナーだと思います。その際に私の絵を何枚かご使用くださるそうです。
私も「王様のブランチ」のBOOKコーナーはよく拝見していますので、どんなふうに絵を画面に映してくださるのか、まだ実感がわかないのですが楽しみです。
よろしかったらご覧くださいませ。

悲嘆の門(上)悲嘆の門(上)
(2015/01/15)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


悲嘆の門(下)悲嘆の門(下)
(2015/01/15)
宮部 みゆき

商品詳細を見る



★ 追記 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

特設サイトもあります!ご覧くださいませ。こちら

宮部みゆきさんのインタビューもあります!こちら
(ネットと言葉についてのお話が特に心に響きました。このお話は「悲嘆の門」の文中でも頭に深く残る部分でした。自分が発した言葉が自分自身へ与える影響とは‥胸が痛くなるようなお話。是非ご覧ください。)


スポンサーサイト

「詩とファンタジー」冬実号 キューピーぽえむ

お寒うございます。
かまくら春秋社より刊行の「詩とファンタジー」冬実号で絵を描かせていただきました。
以前にも2度ほどお世話になっております。今回はキューピーぽえむというページで詩人の白井明大さんの詩に絵を描いております。

マヨネーズでおなじみのキューピー、「愛は食卓にある」というテーマで白井さんのつぶやくようなちょっぴりいじらしいような素敵な詩。私の絵が邪魔にならなければいいなと思いつつ描きました。
デザインでは文字の配置などいろいろとお世話になり、ありがとうございました!
愛は食卓にある

詩とファンタジー 2015年 03月号 [雑誌]詩とファンタジー 2015年 03月号 [雑誌]
(2015/01/19)
不明

商品詳細を見る



鉛筆の名前

1月5日〜17日まで開催されていましたMJ展、おかげさまで終了いたしました。
お越し下さった皆さま、お気にかけてくださった皆さま、どうもありがとうございました。
また、10日に予定されていた和田誠さんのトークイベントは和田誠さんがインフルエンザのため、2月21日(土)に延期になりました。詳しくはこちらをご覧くださいませ。

展覧会の会場では画材のことが話題になることが多いのですが、カタカナに弱い私はいつも使っている鉛筆の名前が思い出せず、あの‥世界堂の‥デッサン用品のコーナーにある‥灰色の‥などと売り場の説明をしてうやむやな感じで終わってしまうか、その場に居合わせたかたにスマホで検索していただいたりしたこともありました(未だに私ガラケーです)。
すみません。
そんなわけで、ちょっとココによく使っているえんぴつについて書かせていただこうかなと思います。

鉛筆はこれまで何種類か試してまして、そんななかでここ数年間私が好きで使っているのは、コンテ・ア・パリというメーカーのスケッチングペンシルという種類の中のグラファイト スケッチングという鉛筆です。

私は描くときにあまりチカラを入れない方だと思うのですが、紙に思ったような感じで線が描けて、ソフトなタイプの消しゴムで軽く消しても紙に残ることが少なくきれいに消せるので紙への負担が少ないと思います。上から水彩絵の具を乗せてもほとんどにじまず、とても使いやすいと感じてます。
とはいえ鉛筆を削るのがちょっとたいへんなのでシャープペンシルでグラファイトの芯を使ってみたこともあったのですが、シャーペンで描いた上に水彩絵の具を乗せたら、なぜか描いたものがほとんど水にとけてしまって描き直したという苦い思い出もあって、同じグラファイトなのに違うものなんだなあと他の鉛筆になかなか手が出ません。
えんぴつ


単行本『悲嘆の門』

昨年の春まで毎日新聞社発行のサンデー毎日にて挿絵を描かせていただいていた宮部みゆきさんの連載小説『悲嘆の門』、いよいよ単行本として1月15日発売されます。
ありがたいことに、単行本でもカバーや章扉などで絵を描かせていただきました。
約2年間に亘った連載小説、単行本は上下巻です。
装幀は連載のときにもデザインしてくださっていた岡孝治さん
hitannomon.jpg
登場人物やモチーフなどを私が個々別々に描いたものを岡さんがレイアウトしてくださるということで、だいぶ自由に、でもどんな風にレイアウトしてくださるのか自分なりに想像しつつ描いた絵。出来上がりはまったく私の想像を超えに超えまくってました、本当に凄いなあと感動しまくりです。(言葉が貧弱でスミマセン)
ありがとうございます。

そして、ポスターなどもあって、でっかいんですね。。こちらでも絵を載せてくださってまして恐縮しきり‥、まだ気持ちが追いつかず頭がくらくらして汗が出たりしてます。
ポスター、カッコイイです。
(写真はでっかいのと中くらいと小さいのの3枚をウチのダイニングテーブルに広げて撮りました)
hitannonon-p.jpg

もうすでにアマゾンで予約受付中です!
悲嘆の門(上)悲嘆の門(上)
(2015/01/15)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

悲嘆の門(下)悲嘆の門(下)
(2015/01/15)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

2015 謹賀新年

2015nenga.jpg

もう松の内が明けているところも多いようで、遅い新年のご挨拶となってしまってごめんなさい。
相変わらずの怠け癖で‥年賀状をお送りするのも遅くなってしまい、失礼いたしました。
来年の年賀状は早めに準備してお送りするぞと思っております。スミマセン。

こんなワタクシですが少しでも進歩できるように良い絵が描けるように精進してゆく所存です。何卒、本年もよろしくお願いいたします。

そして、今年が平和な一年になりますようにお祈りいたします。



それから、ただいま開催中の「MJイラストレーションズブック」グループ展に参加しております。場所は六本木ストライプスペース、1月17日(土)までです。
お近くにお越しの際は、お立ち寄りくださいますとありがたいです。
詳細はこちらのMJイラストレーションズのホームページをごらんくださいませ。


MJイラストレーションズブック2014 (とっておきのイラストレーター100人)MJイラストレーションズブック2014 (とっておきのイラストレーター100人)
(2014/12/08)
峰岸 達

商品詳細を見る



Top

HOME

きみの

Author:きみの
1967年 神奈川県生まれ
1990年 セツモードセミナー卒業
2012年 MJイラストレーションズ(7期)卒業
神奈川県在住

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。