君野可代子の絵

illustrator kimino kayoko

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンシャンテ

先日の「DANCE」展。 前回の記事で載せました1作品の他の残りの4作品をここに載せさせてください。 サリー 椅子 カンカン1 カンカン2
スポンサーサイト

キャバレー

ペーターズ・ギャラリーにて開催していました17人のグループ展「DANCE」は、今週17日で無事に終了いたしました。
お忙しい中ギャラリーまで足を運んでくださった皆さま、お越しいただけなかったけれど気にかけてくださった皆さま、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

そしてギャラリースタッフの方々にとても親切にしていただいて嬉しかったです。感謝いたします。
あと、グループ展を企画してくださった皆さん‥打ち合わせから展示までいろいろと本当にお世話になっちゃいましてスミマセン、ありがとうございました。
hanekazari
グループ展のテーマがダンスというので私なりに自分の絵に合うダンスというのを考えまして、勝手な思い込みも手伝ってキャバレーの踊り子さんを描こうと決めました。
キャバレーといっても、そのむかしのヨーロッパのキャバレーを描いています。

案内状の絵のモデルにしたライザ・ミネリの「Cabaret」もアメリカの映画ですが舞台は1930年代のベルリンなのだそうです。てっきりアメリカが舞台だと思ってましたけど、違ったのですね。映画に登場する女性のカッコイイこと。(特にオーケストラ!)
他にはパリのMoulin Rouge(ムーラン・ルージュ)で流行したフレンチカンカンも描きました。
映画「French Cancan」の映像も参考に観たのですが、踊り子さんはずいぶん元気よく激しく飛んだり跳ねたりして踊っていたんですね。めちゃめちゃ可愛くて私もこの時代に行って踊りたくなっちゃいました。
キャバレーは私の憧れの世界です。
これから、もう少しキャバレーの絵を描きたいと思います。

ダンスざんす

先日のグループ展の作品をここにアップさせてもらおうという思いも儘ならないうちに、もうひとつ、グループ展のお知らせをさせてください。ごめんなさい。。
dance展
3月12日(金)から3月17日(水)
原宿のペーターズギャラリーにて、17人のイラストレーターによるグループ展「DANCE」に参加いたします。
上の画像がその案内のハガキです。
各絵についた赤い番号は、作家名を50音順でならべた数字になっております。ちなみに私は6番でテーマがダンスということで考えまして「Cabaret」のライザ・ミネリをイメージして描きました。

17人の参加者は‥
板橋史子/大森雅史/甲斐瑞恵/カワダクニコ/きた ざわけんじ/君野可代子/コウゼンアヤコ/こせきしょうこ/たけだちか/竹本 侑樹/タダジュン丹下京子/西川真以子/ミゾヨシオ/村松葉子/由稀 /米増由香 (敬称略)

このまえのオーパ・ギャラリーでのグループ展がおかげさまで無事に終わりまして、いろいろと立て込んでおりまして、ご案内のハガキをどなたにも郵送しておりません。
お会い出来た方に直接手渡しさせていただいたりもしたのですが‥、忙しさにかまけてハガキを送りそこねてしまいました。
申し訳ありません。

もし、よろしかったらお越しくださるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

Top

HOME

きみの

Author:きみの
1967年 神奈川県生まれ
1990年 セツモードセミナー卒業
2012年 MJイラストレーションズ(7期)卒業
神奈川県在住

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。